前へ
次へ

金の買取業者におけるインゴットの意味

金といえば見た目にもきれいで高価な金属と言えるでしょう。
日常的に見る金に金が含まれているのか単なるメッキなのかはわからないときもありますが、もし自宅に金色に輝く貴金属があるなら持ち込んでみると良いでしょう。
少しでも金が入っていれば買い取ってもらえる可能性があります。
金の買取業者に持って行くとインゴットと呼ばれる言葉がありました。
これは何を意味するかです。
インゴットは金塊を意味します。
金を専門的に扱っている業者などが販売をしていて、まさに金の塊の売買になります。
大きさも様々で、小さくて薄いものもあれば、かなり重たくて大きいものもあります。
一般人が購入するのは数グラムから100グラム程度の小さいものになるでしょう。
1キロ近くになるとそれだけで数百万円ぐらいの価値があるときもあり、あまり持ち歩くのは良くありません。
その時は証書だけを発光してもらい、実物は業者に預かってもらったりします。
インゴットで持って行ってもそれ以外でもそれほど価値は変わりません。

Page Top